「平和への権利宣言」のシンポジウム

 昨年1219日(現地時間)、国連総会で「平和への権利宣言」が採択されました。 

 イラク戦争のような戦争を再び起こさないようにしようと考えたスペインの法律家集団が主導したものが世界的に広がり、国連総会での採択に至ったものです。 

 このシンポジウムでは、「平和への権利宣言」に関わった2人の法学者の対談を通じて、「平和への権利」の内容を紹介します。 

 ご多忙とは存じますが、ご参加いただけますと幸いです。

 

 日時:2017 日(日)14 時~16 30 

場所:名古屋市教育館  研修室

参加費無料

対談者前田朗(刑事法)、飯島滋明(憲法)

主催:名古屋学院大学平和学研究会、

共催:不戦へのネットワーク

主は多くの民の争いを裁き

はるか遠くまでも、強い国々を戒められる。

彼らは剣を打ち直して鋤とし

槍を打ち直して鎌とする。

国は国に向かって剣を上げず

もはや戦うことを学ばない。

(ミカ書 4章3)

Copyright (C) 2013-2017 名古屋学院大学平和学研究会 All Rights Reserved.